So-net無料ブログ作成
検索選択

(平成28年度版)W800で行く,紅葉狩り [とちぎライダー]

  
sDSC00181.jpg
  




11月1日,男体山の初冠雪。





  地元では,黒髪が白くなると冬が来ると言われていて,秋が終わり季節はとうとう冬になる。




  単車でのライディングシーズンも終焉を迎え,日に日に県外から訪れるライダーの数も少なくなって




  きた。




  うちの車もスタッドレスタイヤに交換し,降雪に備えて準備万端。




  ・・・・・益々黒Wに乗る機会が少なくなった。




  でもね,県北以外はこれから紅葉真っ盛り。




  北へ向かうのを諦め,進路変更して紅葉巡りをしてきたよ。


 


  
sDSC00194.jpg





  11月6日,黒Wと一緒に向かった先は,栃木県鹿沼市。




  大芦川沿いの渓谷に掛かる白井平橋に向かってみた。




  
sDSC00196.jpg





  ここは,河原に降りることが出来て,河原から橋を絡めた紅葉を見に来る人が県外からも訪れる。




  
sDSC00203.jpg





  単車で来る人はそれ程でもないけど,評判を聞きつけて来た紅葉狩り目当ての人たちが三脚を立てて




  いた。




  ここから見える紅葉は,こんな感じ。




  
sDSC00201.jpg





  今年はやっぱり例年より遅いのか,色付きはいまいちかなぁ。




  次に期待して,次に向かったのは古峯神社。




  
sDSC00205.jpg





  おう,境内の紅葉が生き生きしてるね。




  
sDSC00207.jpg





  古峯神社は標高700メートル位にあって,御祭神が日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をお祀りし,





  別名「天狗の社」とも呼ばれている。




  
sDSC00209.jpg





  最近始めた御朱印集め。社務所前で紅葉を見ながら1時間ほど待って,古峯神社の御朱印を頂きまし




  た。




  
sDSC00217.jpg





  御朱印帳には,見開きで「御天狗様」の凜々しい姿がありました。




  続いて,一週間後の11月13日。




  
sDSC00227.jpg





  日光市からさくら市を抜けて,八溝山地を目指す黒Wの姿がありました。




  
sDSC00228.jpg





  最初に目指した場所は,栃木県と茨城県の県境にある「鷲子山上神社」。




  
sDSC00234.jpg





  茨城県入りして,山道を登っていきます。




  鳥居前を通過して,大駐車場に黒Wを停めて,いよいよ参拝です。



  
  最初に目に飛び込んできたのは,朝焼けもみじと呼ばれる樹齢約200年といわれるヤマモミジ。




  
sDSC00238.jpg





  鳥居の朱色に負けない鮮やかさが素晴らしい。




  丁度七五三の時期なので,小さい子供連れの家族がワンサカおったぞ。




  
sDSC00242.jpg





  ワンサカおったのは子供達だけでなく,フクロウも沢山。




  ここ,鷲子山上神社,鷲子山の御祭神は、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)といわれる鳥の神様。




  古い時代よりフクロウが、大神様の御使い・幸福を呼ぶ神鳥として崇敬されていることから,境内の




  彼方此方にフクロウの置物なんかが沢山置かれている。




  さて,大鳥居の前に着きました。




  
  
sDSC00246.jpg





  写真を見て,分かると思うけど




  
sDSC00247.jpg






  大鳥居の向かって左側が我が栃木県,向かって右側が茨城県なのだ。




  以下,鷲子山上神社のHPから拝借。




  「鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)は県境が大鳥居の中央、並びに奥の御本殿の中央を




  通るという全国でも珍しい神社です。一つの神社が栃木県茨城県両県の文化財に指定されているよう




  な神社は全国でも当社のみと思われます。江戸時代までは水戸領でしたが、明治の廃藩置県により県




  境が神社の中央を通ることになりました。奈良時代の「常陸国(ひたちのくに)風土記」には「下野




  国(しもつけのくに)との境の大山」と書かれており、1000年以上前より国境いであったようで




  す。一つの御社殿ですが、宗教法人としては栃木県茨城県二つの神社と数えられています。」




  よい子のみんな!とっても勉強になったね〜。




  手水舎と同じ並びに石造りの梟像が立っている。




  
sDSC00249.jpg





  「水かけフクロウ」というもので,この石像に水をかけ、苦労を水に流し,同時に、フクロウの石像




  を撫ぜると、家庭円満・身体健全・金運成就など多くの幸せが舞い込んで来るといわれている・・・




  
sDSC00251.jpg






  掌が腫れるほど撫でまくってあげましたm(_ _)m




  
sDSC00256.jpg






  大鳥居を過ぎると楼門(安養閣)があります。




  ここも,真ん中が県境だ。




  
sDSC00258.jpg





  楼門を過ぎると通称ふくろうの石段(不苦労の石段)。




  
sDSC00265.jpg






  石段の中央を県境が通っている。




  
sDSC00266.jpg





  96段の階段は,登り降りすることで2×96で「フクロウ」・・・なるほどねぇ。




  階段を登りきると,御本殿があります。




  
sDSC00268.jpg





  この御本殿は,大同二年(807年)鎮座。天日鷲命(あめのひわしのみこと)大己貴命(おおなむち




  のみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られていて,現存する本殿は、天明8年




  (1788)に再建されたもので、三間社流造の銅板葦で千木・堅魚木を配し、向拝を付している。




  
sDSC00269.jpg





  御本殿にも県境を示す案内があるね。




  本殿から北寄りに「千年杉」と呼ばれる,直径2m20cm周囲8mの大きな杉の木があります。




  この杉も県境に立ってて,その霊気を両県に跨がって振りまいていらっしゃいます。




  
sDSC00274.jpg





  御本殿での参拝を終えて,フクロウ階段を降ります。




  栃木県側にある社務所に立ち寄ります。





  
sDSC00293.jpg





  茨城県側の社務所はイベント用なので,受付は栃木県側で。




  
sDSC00295.jpg




  そして,御朱印をゲットです。




  御朱印にはきちんとフクロウが描かれてました。




  さて,鷲子山上神社を後にして,一旦国道293号線に出ます。




  
sDSC00313.jpg




  県道29号線から栃木県入りして,少し走ると那珂川に掛かる境橋に出ます。



  
  
sDSC00315.jpg





  橋を過ぎて黒Wを河原の傍に停めたら,少し河原を歩いてみます。




  那須烏山市の落石(おちいし)地区は,八溝の嵐山とも呼ばれる,風光明媚な景色が堪能できます。




  
sDSC00320.jpg





  私には,嵐山と言うのは京都に対しておこがましい気がしてならないのですが・・・



  
sDSC00328.jpg





  空を見上げると,鳥人間が鳥と共に青空を舞っていました。




  では,最後に滝を見に行こう。




  
sDSC00334.jpg





  那須烏山には,龍門の滝という那珂川の支流の江川にかかる、幅65m、落差20mの滝がある。




  
sDSC00337.jpg






  ここは,直ぐ傍をJR烏山線が通っていて,鉄分補給する人たちのメッカのひとつ。




  
sDSC00338.jpg





  今回は鉄分は不足してなかったので,滝だけの見学。




  
sDSC00347.jpg





  どーですか?良いでしょ?




  太陽の光が水飛沫を照らして小さな虹を作っていたよ。




  夏場なら,とっても涼しいんだけどね,この時期は日が差さないと,寒いです。




  と,言うわけで,黒Wでの紅葉巡りはおしまい。




  
sDSC00355.jpg






  まだ午後2時半なんだけど,午後4時にはもう暗くなるからねぇ。




  早めに帰りましょ。

  
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 7

コメント 8

SevenFifty

こんばんは。
SevenFiftyです。

わたしは奈良県の法隆寺の近くまで行きましたが、紅葉は全然無しでした。
そもそも法隆寺で紅葉が見られるのかすら分りません。

さて紅葉の次はどこへ行かれるのでしょう。
わたしの場合は雪をすっとばして早々に菜の花になっちゃいます。
by SevenFifty (2016-11-24 22:30) 

響

とうとう冬が迫って来ましたね。
神社の紅葉が素晴らしい。
下に落ちだす位が一番良いですよね。
滝ツボの中に良い感じで中洲ができてるのが面白い。
by (2016-11-25 08:18) 

Jyo

晴天の紅葉狩りイイですね~
今シーズンは真っ赤な秋を堪能できずに冬を迎えました(TT)
by Jyo (2016-11-26 14:42) 

ANIKI

紅葉が見事です。
県境にお賽銭があるって凄いです。
どっちの取り分になるのかな(笑)
by ANIKI (2016-11-27 23:47) 

かも

SevenFiftyさん

関西方面の紅葉は,パッと思い浮かぶのは京都ぐらいで,ほかは分かりませんが,見事なんでしょうね。
紅葉時期を過ぎると枯れ枝ばかりの山々だけなので,雪が降らない限り無理しない程度で出掛ける予定です。
by かも (2016-12-03 21:41) 

かも

響さん

鷲子山上神社には朝と夕方で魅せる2つの紅葉があります。
また,龍門の滝は直近までアクセス出来るのが人気のスポットみたいですね。
県内をちびちび走って栃木の良いところを紹介するには,ちびっ子バイクが欲しいところです。
by かも (2016-12-03 21:45) 

かも

J y oさん

私も慌てて紅葉を探しに出たクチでして,9月と10月の気温の変動が読めず苦労しました。
12月になり,まだ本格的な降雪シーズンにはならない栃木県なので,もうちょっと単車で楽しめそうです。
by かも (2016-12-03 21:47) 

かも

ANIKIさん

御賽銭の取り分ですか・・・確かに半分こなのかもしれません(笑)
ただ,神様にとっては人間が勝手に作った県境は関係ないのかもしれませんね〜
by かも (2016-12-03 21:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。