So-net無料ブログ作成
検索選択

寒さに凍えた奥会津 [あいづライダー]

  朝7時。




  「ちょっと風が冷たいかな」「(メッシュ)ジャケットの中にインナー入れておくか」




  まさか,この甘〜い判断が,命取り一歩手前になるとは出発前の私には想定出来なかったのである。





  
PA100594k.jpg
  



  天気予報では晴れマークだった情報,栃木県内は自分のテリトリー内だから気温差は概ね把握してい




  たのだが,こまめに通う南会津は私にとって未だ未だ(色んな意味で)奥深さを垣間見せたのであっ




  た。(大げさかな)




  
sIMG_4517.jpg





  県境を過ぎて,何時まで経っても晴れるどころか雲が広がって日が差さない,なので肌寒さが増して




  きて,連休最終日で朝から混み合う道の駅たじまを通り過ぎ,会津高原尾瀬口駅に来た。




  で,思わず今季初のホットコーヒーを買ってささやかな暖を取る。




  
sIMG_4519.jpg





  口の中から広がる珈琲の甘さと暖かさが喉元を過ぎて染み渡る・・・・




  駅の周りを見ると,今頃だったら色付いているはずの山々が




  
sIMG_4521.jpg





  大して色付きが薄かったのだった。




  ふと黒Wのミラーを見ると,私の唇が少々紫色がかってる・・・・それに先ほどから凍える寒さが身




  体をヒンヤリと包み続けている。




  「このまま帰る?」「自宅まで50キロの道程を又戻るのかい?」




  「我慢して先へ進めば太陽も出てきて最高の紅葉が見られ るかも知れないよ?」




  黒Wが囁く悪魔の誘惑に負けた私は,このままツーリングを続けることにした。




  今回の目的地は,尾瀬の玄関口「御池」である。



  
  国道352号線を檜枝岐村へと黒Wを走らせる。




  道路脇の電光表示板が気温を知らせてくれるんだけど,走りながらそれを見て驚いた。




  「9度しかねえ!」




  
sIMG_4523.jpg





  私はこのとき,メッシュジャケットに薄手のインナー,下はHYDOの夏用カーゴに汗吸収用インナー




  という,御目出度い装備だったのだ。




  読みが外れて天気に裏切られ,終始凍える思いをしながらツーリングする羽目になるとは・・・かな




  り日頃の行いが悪いバツなのかもしれない。




  これから向かう先は,標高1500メートルに届こうとする御池。




  ココまで来たからには引き返せまい,我慢して進むことにした。




  (なので,途中の写真はかなり端折ります。)




  国道352号線を逸れて,木賊温泉から檜枝岐村を繋ぐ林道まで来ました。




  
sIMG_4524.jpg





  この場所に停まって,空冷エンジンの黒Wを暖炉代わりにして暖を取るオッサンが独り・・・




  尾瀬小繋ラインのサミットである帝釈山トンネルを抜けるまでの間,ずっと雲に覆われて日差しの届




  かぬ凍える景色の中,寒さに震えながら峠を越えた。




  
sIMG_4525.jpg





  「い,色付きが薄い」




  いつもよりも「」が多いですが,寒さの中を走っている割には,期待するような紅葉が見られなかっ




  たショックが大きい。




  でもね,写真のマジックで,色温度を下げて画像を加工してみると




  
sssssdsPA100582.jpg






  
PA100965.jpg




  それなりに秋色になってしまうから不思議だ(笑)。




  林道を降りきって,再び国道352号線に出て,桧枝岐の中心部へと進む。




  
sIMG_4527.jpg





  伊奈川沿いに広がる檜枝岐村の町並み,漸く待望のお日様が顔を出した。




  
sIMG_4528.jpg





  「嗚呼,太陽ってなんでこんなに暖かいのだろう。」




  太陽のありがたみを身体全身で享受し,でも身体はガタガタと音が出るくらいに震えてた。




  桧枝岐からは12キロくらいで御池に着く。




  もう少し,もう少しと言い聞かせながら先へと進む。




  
sIMG_4529.jpg





  キリンテの大駐車場を過ぎると,御池まであと少し。




  
sIMG_4530.jpg





  御池の手前,国道沿いはブナ平になっている。




  例年ならば,色付きが真っ盛りで如何にも「紅葉だ〜!」となるところなのだけど。




  
sIMG_4531.jpg





  「あれ?」




  
PA100586.jpg





  たいして色付いてない・・・・・




  寒い思いをしながらココまで来たのに,肩すかしの肩すかしを喰らった感じでガッカリしてしまっ




  た。




  
PA100589.jpg





  それなりに色付いているんだけど,今年は遅れているのか,紅葉が。




  
PA100588.jpg





  目を凝らしてポイントポイントで紅葉らしい画は撮れるんだけど,山全体が赤や黄色に染まった画が




  見られなかったのは,非常に残念だ。




  ということは,あと少しの場所にある御池もそれ程期待は出来ないな。




  尾瀬御池ロッジに到着。尾瀬に向かうハイカー達の車が沢山止まっていた。




  
sIMG_4534.jpg





  尾瀬沼のほうに行けば,紅葉真っ盛りなんだろうね。




  ちょっと(かなり)ガッカリしながら,帰途に就くことにした。




  
sIMG_4536.jpg





  標高1500メートル,もう凍える身体の限界だった。




  国道401号線で山口に抜け,途中で給油して国道289号線の駒止峠を越えて,田島から国道121号線




  を南下して,やっとの思いで帰りました。




  
sIMG_4541.jpg





  雨合羽すら持ち合わせていなかったので,終始寒くて寒くて仕方無かったです。




  次回への反省点として,めげずに走ろうと思います。




  さて,次はどこへ行こうか。
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 6

SevenFifty

こんばんは。
SevenFiftyです。

>雨合羽すら持ち合わせていなかったので,終始寒くて寒くて仕方無かったです
使い捨ての防寒インナーをご紹介します。
・新聞紙
 上半身を新聞紙でぐるぐると巻いてジャケットをはおる
・地域のゴミ袋
 袋の底に頭を出す穴と両側に腕を出す穴を作って簡易ポンチョにしてジャケットをはおる
どちらも出先のコンビニで入手可能、価格もお手ごろです。
by SevenFifty (2016-10-11 23:15) 

かも

SevenFiftyさん

残念ながら,コンビニエンスストアが存在しない地域であること,ゴミ袋は商店で買うことになりますが時間的に開いている店が無かったことを付け加えておきますね。
次回からは,「備えあれば憂いなし」でツーリングしたいと思います。
by かも (2016-10-12 22:15) 

響

キューード?
それはいわゆる「きおんひとけた」って奴では?
それでメッシュはたしかに寒いでしょう(笑)
でも見事な写真マジックで秋を先取りさせていただきました。
by (2016-10-14 01:36) 

かも

響さん

そうです,一ケタの気温ですよ。
こちらでは当たり前の感覚なんですけど,気持ちは未だ晩夏のつもりだったので失敗です。
秋の長雨も原因かも知れませんね。
早速,メッシュジャケットは洗濯機で選択して,タンスに(笑)
by かも (2016-10-15 23:42) 

ANIKI

ジャケットチョイスを誤ったとはいえ、
気温一桁台でのライドはブラボーです。
日が幾らかでも射すと紅葉も艶やかに色づくのでしょうね~

by ANIKI (2016-10-18 00:07) 

かも

ANIKIさん

10月後半になって,漸く紅葉だ〜っといった感じになりました。
この分だと,あっと言う間に紅葉も終わって,いつしか季節は冬になりそうです。
by かも (2016-10-25 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。